• 高速停電検出装置-HPD-100 image01

HPD-100 高速停電検出装置

  • エネルギー計測/管理
  • 電動機発電機制御

自家用常用発電機の設置箇所において受電電力を常時監視し、停電時に構内から外部へ流出する過大な負荷が発生した際、受電用遮断器のトリップ信号を出力する装置です。

自家用常用発電機の設置箇所において受電電力を常時監視し、停電時に構内から外部へ流出する過大な負荷が発生した際、受電用遮断器のトリップ信号を出力する装置です。

特長

過大負荷の検出は、1サイクル毎に32 回サンプル

電圧、電流各1サンプルの瞬時値より瞬時電力を求める方法と、電圧、電流各1サイクル分の実効値より有効電力を求める方法があり、各計測値が動作値を超えたときにトリップ信号を出力

用途

1次動作出力:は主に受電系統と構内設備の切り離し

2次動作出力:単独運転となった発電機の過負荷保護

資料

カタログ 製品カタログ(450.56KB)

お問い合わせ

お見積・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

当サイトは、Cookieを利用しています。Cookieの使用に同意いただける場合は「同意する」をクリックしてください。This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website. If you agree with our use of cookies, please click I agree.

同意する(I agree)