近計レポート

KINKEI REPORT

近計について知りたいアナタにお応えする、
『近計レポート』。
社員の目線で会社のアレコレを紹介します。

海の上にある会社

KINKEI REPORT 01
海の上にある会社

海の上にある会社

KINKEI REPORT 01

近計システムの本社・工場は、大阪湾の人工島「咲洲(さきしま)」に位置します。市庁舎や展示会場が立地し、工業団地や運輸・流通の大きな拠点も有する、経済活動のために造られた島です。

2019年6月のG20サミット開催場所でもあります。海遊館、2025年に行われる大阪万博の会場である「夢洲(ゆめしま)」は目と鼻の先です。

社屋がふたつ

KINKEI REPORT 02

社屋がふたつ

KINKEI REPORT 02

本社は、1号館と2号館で建物が2つあります。
最寄り駅からは10分少々。会社見学会、選考でご来社の際は、場所をしっかり確認してお越しください。

社屋がふたつ

200名を超える社員

KINKEI REPORT 03
技術職

200名を超える社員

KINKEI REPORT 03

パート社員を含め、200名規模の会社です。
SE、設計、生産管理、組立・製造、検査、品質管理、営業、企画・総務など、それぞれの分野で活躍しています。

近計の代名詞
「自動オシログラフ」

KINKEI REPORT 04

近計の代名詞
「自動オシログラフ」

KINKEI REPORT 04

電気は生活になくてはならないエネルギーなので、電力設備や受電設備保全のためにさまざまな対策がなされています。それでも、例えば落雷や台風、地震といった自然災害、その他予期せぬ突発的な現象によって停電することがあります。その原因や場所を解析・特定するために必要なデータを記録・解析する装置が「自動オシログラフ」です。

絶え間ないデータ収集による解析は、再発防止や異常に対する影響軽減対策に大変有用で、当社の装置は精度も高いと評価されて全国で活躍しています。

近計の代名詞「自動オシログラフ」

高いシェアを誇る
ヒケツ

KINKEI REPORT 05
高いシェアを誇るヒケツ

高いシェアを誇る
ヒケツ

KINKEI REPORT 05

当社の主力製品である「自動オシログラフ」は、ニッチな分野ながら専門性と高い技術力を必要とする装置です。丁寧に設計・製造することはもちろん、耐震・耐久性、ユーザビリティ、環境への配慮などさまざまな要素を考慮しなければなりません。

営業担当、SE、製造担当の試行錯誤の先にお客さまのニーズに合う機能を備えた製品が生まれます。開発から設計、製造、検査、出荷まですべて自社で行っていることも 当社の強みのひとつと言えるでしょう。

映画に使用された!
「セキュリティゲート」

KINKEI REPORT 06

映画に使用された!
「セキュリティゲート」

KINKEI REPORT 06

今日、企業では、特定の人のみ入室を許可する仕組みの強化が重要視されています。皆さんの学校にもタッチ開錠式の施設やゲートがあるかもしれません。

当社の入退室管理システムは、カード式や生体認証を採用しています。上場企業のオフィスゲートや空港の通用口に導入実績があり、なんと、映画のセットにも使用されました!

2020年のオリンピック・パラリンピック、2025年の大阪万博開催を控え、テロ対策の必要性も高まり、セキュリティシステムは今後も高いニーズが見込まれています。

セキュリティゲート

地域の安全・
安心のために

KINKEI REPORT 07
地域の安全・安心のために

地域の安全・
安心のために

KINKEI REPORT 07

地震大国・日本では、震度1以上の地震が毎日のように発生しているそうです。また、近年は異常気象の影響もあり、大雨に起因する斜面崩壊、地滑りなど 自然災害の対策は急務と言えるでしょう。

当社は、これらに対し3つの技術的なソリューションを提供します。崩落監視、データ収集・解析、震度計測によって自然現象の「見える化」に取り組み、防災・減災に貢献しています。

画像:本社で記録した地震。震度4でした。

火山火口に、近計製品

KINKEI REPORT 08

火山火口に、近計製品

KINKEI REPORT 08

当社の製品は、電源のない屋外にも設置されています。とりわけ、火山観測装置は山の斜面や火口付近に設置されるため、電源の確保、通信環境、設置にも工夫が必要です。さまざまな状況を考慮して開発会議が行われます。

「そんなところ、危険じゃないですか?」
火山の周囲には民家があり、人々の生活があります。定期観測することで噴火の予兆を感知できれば、万一の被害は最小限にとどめられます。社会の安心に貢献する意義ある分野です。

火山火口に、近計製品

近計のポリシー

KINKEI REPORT 09
近計のポリシー

近計のポリシー

KINKEI REPORT 09

技術職が正社員の半数以上を占める当社。お客さまのご要望にお応えできる高い技術力、対応力が自慢です。お客さま目線を大切に、満足していただける商品を提供し、社会に貢献していきます。

近計PORTGRAM

EXTRA REPORT

人事の趣味で収めた南港風景

社内には歴代の開発品を展示しています

電圧・電流波形をイメージしたロゴマーク

1号館は玄関横の樅の木が目印

指示書をもとに作ります

3.11を記録した地震計

オシロ盤の出荷 1面150kgなので慎重に。。

打ち合わせの様子

春の便り

検査場にて